水素が開く未来

次世代エネルギーとして注目を集める水素。 国家プロジェクトとして水素社会を進めていく方針が策定されています。水素に注目が集まる理由は何といっても環境負荷の低さでしょう。 燃える=酸化の結果としてエネルギーが生成されるという、地球環境にとって非常に都合の良い性質によるものです。

では、何故今までエネルギーの中心に成り得なかったかといえば、分子サイズが小さいために漏れやすく、かつ爆発しやすいという性質があったから。 その問題を解決するコストが、他のエネルギーより格段に大きかった点があげられます。

しかし、温暖化ガスの増加に伴う地球環境の大きな変化が、環境コストに目を向けさせ、社会コストして広く負担していく方向性が出されて、家庭用燃料電池のエネファームや水素自動車の開発や水素ステーションの設置が推進されてきています。

酸素と結びついて水になる水素のこの性質は人体の中でも非常に有利に働きます。

体内の組織にダメージを与える悪玉活性酸素の酸素を奪う強力な還元作用組織のダメージを防ぎ、老化や病気の予防や改善に役立つと考えられます。

現在、抗酸化を謳う様々な健康食品が販売されていますが、抗酸化≒還元ととらえれば、食品の間接的な働きに比べ、水素の働きは直接的で高い効果が期待できます。

エネルギーとしてだけでなく、人間の健康にも大きく貢献してもらいたいものです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ


花を贈るなら日比谷花壇へ

このページの先頭へ