食品添加物・水素

水素関連商品の説明を見ると、「食品添加物として厚労省から認められている」という記述がよく見受けられます。 「あー、そうなんだ」と簡単に安心していましたが、さて、無味無臭無色の気体をどう食品に添加するのでしょうか

考えると夜も眠れなくなるので調べてみました。

食品添加物というと、香料や調味料、着色料、保存料等の目に見えるものを想像していましたが、そもそもたちまち蒸発して食品中に残存しない気体が添加物になるということ自体が不思議ではありませんか?

食品に水素を吹きかけてみたところで、目に見える変化は起きません。
普通の状態では何も起こりませんが、化学的手法で常温で液体の植物油や魚油に水素を化合させると、固化してマーガリンやショートニングなどの原料ができます。これが硬化油で、この過程で話題のトランス脂肪酸が生成されて、これが今問題になっていますね。

わざわざ手間暇かけて常温液体の不飽和脂肪酸を常温固体の飽和脂肪酸にするのは、酸化しにくく、保存性が高くなるため。

液体で流通させるのと、固体で流通させるのではかなり流通コストが変わってきます。
食卓に置いてパンに塗ろうとしても液体だと扱いが面倒ですよね。

そんな手軽さと、植物油を固化したマーガリンはバターよりもコレステロールが低いということで健康に良い油脂として普及しました。 しかし、トランス脂肪酸の危険性が明らかになってきて、評価はネガティブになってきています。

健康に関する情報は180度評価が変わることが多々ありますね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ


花を贈るなら日比谷花壇へ

このページの先頭へ