ガラパゴス度MAX! Docomo F-07C

富士通は面白い会社だと思います。 昔はたくさん冒険をして楽しませてくれたSonyが冒険しない大企業となってしまい、ちょっと目先の変わったモノづくりをしていたSanyoがなくなり、Sharpも外資の傘下に入り、東芝は不正会計の元凶となったPC事業に本腰を入れるとは思えない。

やはり、期待の星は富士通か!

今日取り上げるのは2011年登場のF-07C。 どうしてこのような機種の稟議が通って製品化されたのか、富士通という固い大企業の風土というのは実に不思議です。 Docomoが買い上げてくれる保証があるとは言え、これだけ変わった仕様のものの開発費を回収するのが大変なのは容易に想像がつので。

この機種は、世はスマホに向かおうとしている時代に、ガラケーの生き残り策としてSymbianのOSを搭載してタッチパネル化を推進していたDocomoの戦略を受け、各社がとてつもなく使いにくいスマホ的画面のガラケーを出していた時代の派生種です。

SymbianのOSではタッチディスプレイが使えるようにはなっても、アプリケーションを動かすプラットフォームとしての能力には欠けるので、スマホに対抗できるプラットフォームとしてWindows7を選んだのでしょうね。

当時すでにWindows phone 7が登場していましたらから、富士通単体でしたらそちらを選ぶ可能性もあったでしょうが、ドコモとしては選択できなかったでしょう。 最終的にガラケーとWindows7 PCを単純に一つの筐体に入れた形になったのでしょう。

どちらにしても、この小さな筐体に2つの仕様の異なるCPUとOSを載せてQWERTYキーボードとトラックボールを装備したのは称賛に値します。 当時販売店で見かけて称賛ついでに、衝動買いをしてしまったのを思い出します。

しかしながら、いろいろな制約があるのも事実。Windowsモードでは、せっかくのBluetoothも、赤外線も使えない。GPSも使えず、なんと500万画素の外側カメラも使えずに、32万画素の内側カメラしか使えない! 当時のデスクトップPCの仕様のままですね。

もちろん1GBの主記憶も、eMMC32GBの補助記憶も増設不可能です。 外部記憶としてはSDHC32GBが使用できます。 構造上仕方がないのですが、Windows7のフルスペックOSを載せてこのメモリは現実的ではないのはお察しの通り。

最悪なのはディスク装置として使うeMMCが32GBと少ないのはしょうがなとしても、そのスピードがあまりに遅い。まるでフロッピーディスクを使ってるのかと思うくらい遅い。 メモリが足りないからディスク装置にスワップを頻繁にする→ディスク装置が遅いので加速度的に遅くなるという悪循環に陥ります。

CPUもAtomのZ650(1.2GHz)を0.6GHzで駆動して消費電力を抑え、発熱を少なくしているので、そもそもスピードは期待できないですし、クロックアップをしても熱暴走をするのが関の山ですので、あきらめるしかないでしょう。 ファンレスの筐体全体で放熱する構成ですから無理はできません。

総じて言えば、高クロック&マルチコアのCPUパワー、大量のメモリ、大量のディスクを注ぎこんで、開発効率優先で思いっきり冗長な巨大ソフトウェアを動かすという昨今のITムーブメントに対して、清貧のIT環境を体験させてくれる一台ではないかと思います。

動画で遅さを確認して下さい。


コンピュータは生産性を向上させるビジネスツールであることは当然のことですが、趣味の世界では思いっきり生産性の低いPCがあってもいいのではないでしょうか。 動作させるのに無理がある環境で、無理やり動かし、動くことに喜びを見出すという究極のPCがF-07Cです。 こいつのせいでどれだけ眠れない夜を送ったことか・・・・

あなたもこのめくるめく世界にはまってみませんか?

*製品マニュアルはドコモHPよりダウンロードできます。

サブコンテンツ


花を贈るなら日比谷花壇へ

このページの先頭へ